スイカBlog

ミナミaアシュタールさん説は私は本当だと思っています

ムーミン達のゆったりとした世界観は癒しと幸せ♪長年愛されている理由まとめました。

f:id:s8u4i2k9a:20210908091659p:plain

今や知らない人はいないムーミンですが、ムーミン達のゆったりとした世界観は癒しと幸せ♪長年愛されている理由まとめました。

ムーミン誕生と歴史

②日本でムーミンが長年愛されてている理由

ムーミン達の言葉 の3つでまとめ解説します。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/s8u4i2k9a/20210908/20210908092138.png

ムーミン誕生と歴史

1914年8月9日にフィンランドの首都ヘルシンキにて、トーベ・マリカ・ヤンソンが誕生、父ヴィクトルは彫刻家で、母シグネは商業画家という芸術一家で、二人の弟と共に育ちます、

 

1920年サマーハウスのトイレの壁に、鼻の長い生き物(SNORK)を落書きをする(ムーミン誕生の原型とも言われています)

 

1932年ストックホルム工芸専門学校に留学中、寄宿先の叔父に「台所にはムーミントロールというオバケがいるぞ」と脅かされて、想像した姿を絵日記に記した

 

1934年20歳の時に黒いムーミントロールと呼ばれる水彩画を描く、画家を志しフィンランドや海外で勉強を続けていたトーベは、いくつかの絵画にその姿を残している

 

1943年15歳の時から寄稿していたスウェーデン語系風刺雑誌「ガルム」のイラストの片隅に、初めてムーミンのようなキャラクターを描く

 

1945年ムーミン小説第一作「小さなトロールと大きな洪水」を出版、発行部数はわずかで、初版で絶版となってしまう・・・1991年まで再販されなかった幻の作品となりました

 

1946年小説第二作「彗星追跡」を出版、同作は1968年に「ムーミン谷の彗星」

原題は「彗星せまる」として大幅に改稿され、現在のかたちになりました

 

1947年~1928年スウェーデン語系の新聞「ニィ・ティド」紙に、初のムーミン・コミックス「ムーミントロールと地球の終わり」を連載する

 

1947年ヘルシンキ市庁に2点のフレスコ画を制作、その片隅にムーミンが隠れている、現在はヘルシンキ美術館HAMで見ることができます

 

1948年小説第3作「たのしいムーミン一家」を出版、1950年同作ムーミンシリーズのなかで初めて英訳、イギリスなどで出版され、長くシリーズ第一作として扱われていました

 

1949年初のムーミン劇「ムーミントロールと彗星」ヘルシンキで上演されました

1950年小説第四作「ムーミンパパの手柄話」を出版1968年に改稿され、現在の「ムーミンパパの思い出」になりました

 

1952年ムーミン初の絵本「それからどうなるの?」を出版しました

1954年小説第五作「ムーミン谷の夏まつり」を出版

1957年小説第六作「ムーミン谷の冬」を出版

1959年ムーミン初のテレビシリーズ、人形劇「ムーミン一家」が西ドイツで放映されました

1962年小説第七作「ムーミン谷の仲間たち」を出版

1965年小説第八作「ムーミンパパ海へいく」を出版

1969年日本でアニメ化フジテレビで放送1972年には続編も放送されました

これが日本でムーミンが人気者になりました

1970年小説第九作で最終巻の「ムーミン谷の十一月」が出版されました

それから1993年までムーミンブームは続きますが、それ以降はブームが去ってしまいます、

そして2001年6月27日トーベ・ヤンソンさんがヘルシンキで永眠しました

 

日本ではトーベ・ヤンソン誕生100周年を記念し、日本だと2015年に劇場版ムーミンの公開しました 長ーい歴史がありましたね

現在でも日本はムーミンが大好きな人が多いと思います、私も好きで本や画集、名言集など集めていました、ムーミンが日本にきてくれて本当に嬉しいです。

②日本でムーミンが長年愛されている理由

ムーミンに出てくる愛らしいキャラクターですが、話の内容は奥深く、人間の陰な部分をキャラクターの見た目や内容に入り込ませている部分や、ムーミン一家はどんなに大変な状況になっても、楽しさを見出していく逞しさや、一つ一つの言葉に重みがあります

 

そして常に開けっ放しのムーミン屋敷は、色々な人達の社交場のようになっていて

皆で助け合いながら楽しく生きる、これから日本もこんな風に生活できるようになったら、心豊かに過ごせそうです。

 

ムーミン達の言葉

・生きることは素晴らしい、どんなものでも何の理由も無しに一変に変わることがある

・広い世界は恐ろしい、あそこじゃ誰も人のことなんて知らないから、誰は何が好きで何が怖いのか?それもわからない

・秘密っていうのは、しばらく秘密にしておいて、それからパッと出して、皆をビックリさせることじゃなくっちゃつまらない

・僕たち時々はただ独りになりたくなるんだ

・時々子供っぽくなれないなら、大人になる意味なんて無い

・僕はすごく柔らかくてまん丸している、どこにも尖った所がないんだ

・みんな知ってるでしょ?怖がってばかりいると、時に人は視界に入らなくなるんだ

・夜に旅する世界はどんなところよりも素晴らしい

他にも名言は沢山あるんですが、特に青い文字にしたところは、今の現状を言われているような・・・ハッとしちゃいました、哲学的で難しいとも言われているムーミンのストーリーですが、コミック版も出でいるので、文字だけよりは読みやすいと思います

これから徐々に涼しくなってくるので、ムーミンのストーリーをじっくり読んでみると

新しい発見があるかもしれません( *´艸`)

気になったかたは、商品情報載せてあるので、購入して読んでみて下さい(*´▽`*)/