スイカBlog

ミナミaアシュタールさん説は私は本当だと思っています

元書店員が思う様々なニーズに合う書店とはどんな書店なのか?まとめました!

書店って沢山あるし、行ってみたものの中々読んでみたいな~って思う本がなかったり、探しにくかったりしますよね!そこで元書店員が思う様々なニーズに合う書店とはどんな書店なのか?まとめました!

①どんな本が読みたいのか、ざっくりでもいいのである程度絞っておく

・今流行っている本が見たい

今流行っているものが見たい時は、チェーン店です、テレビで紹介されて注目された本は売れる!と思い、その本の担当が多めに発注するので、ほぼ置いてあると思います

・最新情報が知りたい

最新情報が知りたい時は雑誌です、雑誌でも1段バーコードの本が雑誌で、2段バーコードの本はムック本といって、ムック本は長くお店に置いていていい本なので最新の情報ではないです

・今人気のコミックが欲しい

今人気のコミックであれば、よほど(鬼滅の刃)ほどの圧倒的な人気でない限り、どこの書店でも置いてあると思います

・マイナーなコミックがほしい

マイナーのコミックはやはりアニメイトがいいと思います、私が当時コミック担当だった頃、勉強の為にアニメイトでコミックを見に行ったことがあって、特にわからなかった

BLやTL、少女漫画が何が人気なのか知りたくて、行ったんですが、私の知らない出版社が沢山あって、やっぱりアニメイトは凄いなって思いました

 

あと担当者ごとにコミックの並べ方も違ったりするので、それを考えながら見るのも楽しいですよ!

これは全てのジャンルの担当者にいえることで、出入り口から手前に置いてある本が

そのお店が売りたい本です、あとは手書きのPOPがあったり装飾してあったりなど

目立つように置いてあると思います

・流行りばかりではなく、様々な本が置いてある書店

これは、レンタルやゲームをやっていない書店のことで、古い本でもロングセラーの本は必ず置いてあります、それは本の管理がちゃんとできている、ということです

当時私の上司は、必ず本のメンテナンスをしてあげないと、本が死んじゃうんだ・・と言っていて、確かに帯のズレをなおして背表紙が汚れてないか?破れてないか?を確認してキレイに並べると、喜んでいるように見えたんですよねww

 

こんな感じで色々な書店を回って、自分が好きな雰囲気の書店を探すのも楽しいと思います

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/s8u4i2k9a/20210918/20210918110514.png

次の季節は秋、読書の秋です!私は読みたい本を探し歩いて

何軒行っても無くて😿Amazonで注文しました~届くのが楽しみです(^^)/