スイカBlog

ミナミaアシュタールさん説は私は本当だと思っています

予言とは未来予測などと言うことも言われていますが、本当は計画書です・・・

 

f:id:s8u4i2k9a:20210923143723p:plain

予言とは未来予測などと言うことも言われていますが、本当は計画書です・・・

予言という言葉を聞くようになったのは、ノストラダムスの大予言が有名ですが、今や様々な予言者がいるかと思います、その中でも全ての予言が実際に言い当てた

アルバート・パイク」という人物がいます

3つの世界大戦を予言したとされるアルバート・パイク彼はイルミナティの最高幹部であり、彼の予言はイルミナティの計画とも言われています

アルバート・パイクとはどんな人物だったのでしょうか?順にまとめましたので、良かったら読んでみて下さい(´・ω・)

アルバート・パイクという人物は、イルミナティの33階級に上り詰めた「黒い教皇」と呼ばれていた人物で、白人至上主義を創ったのもアルバート・パイクだと言われています。

アルバート・パイクは1871年にイタリアの父であるジュゼッペ・マッチーニに手紙を送っていました、その内容は、

世界を統一するために今後3回の世界大戦が必要だ、第一次世界大戦ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために、仕組まれることになる、そしてロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための「お化け役」として利用されるだろう・・・

 

第二次世界大戦は、ドイツの国家主義者と政治的シオニストパレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに「イスラエル国家」の建設がなされるべきである

 

第三次世界大戦シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである、世界的な紛争の拡大が計画されている・・・・・

キリスト教無神論の破壊後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる。

という内容を送っていて、

1.第一次世界大戦はロシアを倒す戦争(1914年~1918年)

2.第二次世界大戦はドイツを倒すために起こした戦争(1939年~1945年)

3.第三次世界大戦は最終戦争(これから起こす)ということになり、1871年に書かれてものなので、それより前から計画はされていたことになります

第三次世界大戦は、簡単に言うとユダヤ教徒イスラム教徒をそれぞれ対立させることで戦争を起こす、ということです

コロナウイルスも手紙を送った時期に既に計画されており、全て計画通りにことを進めています

そして現在日本では、3回目の接種が始まっています、

私の父は2回接種しました、今までのワクチンと同じだと勝手に思っており、治験中のワクチンの恐ろしさやm(RNA)についての危険性をわかりやすく解説してくれている医師の動画も、接種前に何度も送りましたが、聞く耳もたずでした・・・

そして3回目の接種もするそうで、父が言うには、政治家が言ってるんだから従うだけだ、と・・・

ワクチンができてから、上級国民と政治家と公務員はワクチン接種しなくても良い、という憲法を作ったんだから、それだけ恐ろしいものなんだよ!と言っても聞く耳もたずで、

だったらなぜそうなったのかを教えればいいんだ、と思いピラミッド社会ができてきてからの話の途中で、許容範囲外は知る必要は無い、と話を遮られました・・・

私と同じように、いくら言っても理解してもらえない人がいると思います、もう接種されても何もない、重篤な副作用が出ないことを祈るしかないです・・・

 

かといって絶縁する必要はないと思うので、1日でも早く1人でも多くの人が気づいて、あの時あぁしておけば良かったとか、後悔のないように、今をこの瞬間を大切に生きていきましょう!